Starコーチング ブログ 新月・満月の星が私に教えてくれること

湧き上がる感情から目を背けない…蠍座満月

 

5月の満月は別名「ウエサク満月」と呼ばれ、とてもパワフルだと言われています。

ウエサクと聞くと、多くの方は鞍馬山のウエサク祭を思い出すのではないでしょうか?

(残念ながら今年はコロナの影響で一般公開はしないそうです)

 

「満月の宵に人類の目覚めを祈る」

新緑の五月の満月の夜は、天上と地上の間に道が開けて、全てのものの目覚めのために天界から強いエネルギーが降り注ぐと言われ、鞍馬山に祀られる大魔王尊に、人類の目覚めと平安を祈る。ウエサク祭の儀式の始まりは古く、ヒマラヤ山中や東南アジアにも同様の祭りがあるという。
---鞍馬山HP・京都観光オフィシャルサイトより---

 

 

宇宙と繋がるイメージの強い蠍座に重なりますね。

蠍座は水のサインで感情を司るため、心が大きく揺れ動く時かもしれません。

 

さあ、蠍座満月の空を見上げてみましょう。

 

蠍座はシンボルを4つ持っている星。

 

死と再生のプロセスを繰り返しながら

ヘビ → サソリ → 鷲 → 不死鳥

と変容していく。

 

そのプロセスの中で避けては通れないのが、自分の中の闇と向き合うこと。

 

手放せない怒り・憎しみ・嫉妬・欲望・罪悪感・・・

誰もがそんな心の奥に隠された闇からは目を逸らしたい。

 

あるとは認めたくはない。

 

でもそれは、ある!と認めていないだけのこと。

無いわけではない。

 

これを昇華していくには

その闇に光をあてて、しっかりとあると認めること。

 

魚座にある癒しや自分と他者を赦す力を持つ海王星は、闇と向き合う痛みを和らげてくれる。

 

水瓶座にある勇気や実行力を持つ火星は、新しい世界に移っていくことへのエネルギーを与えてくれている。

 

 

自分の中の光も闇も受け入れて成長していくことは、社会に役立つ私になること。

 

そう星が私に語り掛けている、星が私に勇気をくれる。

 

「人は小宇宙である」とよく言われます。

であるならば、宇宙と繋がるとは自分の内側と繋がること。

 

そこに、この感情はいい!この感情はダメ!のジャッジはいらないと思うのです。

感情はただのサインです。いいも悪いもありません。

 

心のことを学びお伝えする中で、

自分のどんな感情も丸ごと受容することで、人の感情も受容できるようになるんだと身を持って感じています。

 

4月はずっと自分の気持ちに寄り添うワークを続けてきました。

※5月からスタートする講座内でも、受講生の方に一番最初に取り組んでいただくワークです。(気になる方お問合せくださいね)

 

これって癖付けなんだなーって思うんです。

 

先ずは、天界から強いエネルギーが降り注ぐこの満月に、自分の中の宇宙と繋がってみませんか?

 

「自分の中に、どんな宇宙を見つけましたか?」

 

【2020/5/7  蠍座満月】

 

2019鞍馬寺 共に学ぶ仲間と共に

 

心理占星学を共に学んだ仲間とのHPです
ソウルレボリューション塾

-Starコーチング, ブログ, 新月・満月の星が私に教えてくれること

Copyright© らしさ輝きサロン 彩いろ ~iroiro~ , 2020 All Rights Reserved.